ゴルフクラブのバランスとは(一番簡単!鉛調整等も解説)

バランス
ゴルフクラブのバランス

ゴルフクラブのバランスとは(一番簡単!鉛調整等も解説)

ゴルフやってる先輩が、バランスがどうとか
言ってるけど何のこと?
いまひとつイメージが湧かないんだけど。

あまり難しく考える必要はないと思いますよ。
基本的なところだけご説明しますね。

バランスとは

クラブのバランスとは、簡単に言うと、

クラブの振り心地

のことです。

例えばゴルフクラブを普通に持って振った時と、逆さ(ヘッド側)を持って振った時では、振り心地は明らかに変わりますよね。逆さに持った方が軽く感じます。同じ重量、同じ長さなのに。

この、同じ重量、同じ長さなのに振った感じが違うことを、ゴルフ流に言うと「バランスが違う」と言います。

ゴルフではこれをアルファベットと数字で表します。
専用の器具で測り、標準をD0(ディーゼロ)バランスと言います。

ヘッドが軽く感じるに従い、C9,C8,C7,C6,C5・・・とアルファベットは戻り数字は減っていきます。
ヘッドが重く感じるに従い、D1,D2,D3,D4,D5・・・とアルファベットは進み数字は増えていきます。

軽い方から並べると

A0,A1,A2,A3・・・A9,B0,B1,B2,B3・・・B9,C0,C1,C2,C3・・・C9,D0,D1,D2,D3
・・・D9,E0,E1,E2,E3・・・E9

となります。

たくさん数字が並びますが、実際の商品はパターを除けば男性用でC8からD3の間、女性用はC0前後がほとんどです。(この辺を、常識的なバランス範囲と捉えてください。)

過度に気にする必要のない数値

結論から言えば、バランスというのは過度に気にする必要のない数値です。
「自分はD0じゃないと打てない」といった類のものではありません。

そもそもバランスが変わるとは、どの程度のことなのでしょう。

目安ということになりますが、

ヘッド重量が約2g変わるとバランスが1変わります。
グリップ重量が約5g変わるとバランスが1変わります。
長さが約0.5インチ変わるとバランスが3変わります。

ということは例えば、

・D0のクラブのヘッドに2gの鉛を貼ったらD1になる。
・D0のクラブのグリップを50gから45gに変えたらD1になる。
・D0のクラブの長さを45.5インチから45インチに変えたら(切ったら)C7になる。
といったことになります。

(ちなみに1インチは2.54㎝で、長さがバランスに与える影響が大きいと言えます。)


ヘッドに1円玉2枚貼って、違いが分かりスイングに影響するでしょうか?(プロの中では分かるという人もいます。ただ目隠しテストではほぼ分からないそうです。真偽はともかく一度ご自分でやって確かめてみてください。)

逆にクラブを0.5インチ短く持っただけでバランスは3ポイントも変わってしまうのです。
ということは、無意識的にグリップの位置がずれ、1ポイント位は平気で変わっている可能性が高いです。

そういったことから、あまり神経質になることはなく、上記の「常識的な範囲」であれば問題ないでしょう。
それでも例えばドライバーだけ軽く感じるとかいった場合は、微調整という捉えで鉛を貼るすることは、結果につながればいいと思います。

ちょっと詳しいご説明

元々このバランス理論は、長さ重さの違ったそれぞれのクラブを、同じような振り心地にするのが目的でした。
同じように振りさえすれば、クラブが飛距離を変えてくれる
そのことにより、ゴルフスイングをよりシンプルにしたかったわけです。

そしてもう一つ、
このバランス理論が出てきたのは、まだシャフトの種類があまりない時でした。
ドライバーからアイアンまで同じシャフトであれば、バランスを同じにすることで統一感を持った振り心地が得られます。
しかし現在はシャフトの種類が多いため、バランスを同じにしても振り心地は変わるようになってしまいました。
これはシャフト自体のバランスが、色々になったことが主な原因です。(といってもそれはシャフトの進化であり、悪い方向に変わったわけではありません。)

さらにバランスより先にチェックしてほしいことがあります。
長さと重量です。

クラブが短くなるにしたがって、段々重くなっているか?(重量フローという考え方です。)
それがしっかりできていれば、粗悪品でなければ、バランスはだいたい上手くとれているはずです。
(但し、長さやグリップを変えた場合はバランスは当然変化しているわけですが。)
それを確認してからバランスをチェックしてください。

一般的な調整方法

ヘッドに鉛を貼る

これが一番オーソドックスなやり方です。ショップ等に専用のものが売っています。
1枚2gのものや、切って使うものもあります。

2g貼ってみて感じなければ4g、5gとウエイトを増していきます。ただし6g以上になってくると常識の範囲を超えてくる可能性が高くなるので、注意が必要です。(やっていけないわけではありません。知っててやるのはいいと思いますが、知らずにそうなっているのは危険です。)

ただ、ヘッドに鉛を貼るということは、バランスのみが変わるわけではなく、全体重量がアップしますし、シャフトが軟らかくなります。
これはある意味、メーカーが良かれと思って出した商品が、別物になるということです。その辺も考慮し、調整してください。

ちなみにグリップ重量を軽くすることでバランスを重くすると、全体重量はダウンしますが、シャフトの硬さは変わりませんので、合わせて注意願います。

まとめ

バランスは過度に気にする必要はありません
先に重量フローをチェックしましょう。
振り心地に違和感のある番手は、鉛で微調整するのはありです。

今回は以上となります。

追伸:「本気で上達したい!」「満足できる結果を出したい!」という方は、ぜひこちらもご一読ください。
「現在の自分が過去の自分を上達させるとしたら」というコンセプトで書いた記事です。

結果を変えるには行動を変えるしかありません。
行動を変えるには環境の変化を利用します。
そして客観的視点を持つことで効率良く上達することができます。
https://golftk55.com/2020/06/20/golf-improvement/

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました