元ゴルフ販売員の私がおすすめする練習機の選び方【順番からパター編】

練習機

元ゴルフ販売員の私がおすすめする練習機の選び方【順番からパター編】

ちょっとゴルフ面白くなってきてさ、
上達したいんだけど、練習機とか
使った方がいいの?

はい。上達したいのでしたら使った方が早いし確実です。
プロゴルファーで練習機使わない人はいないのを見ても
明らかではないでしょうか。ただ、なんでもいいわけでも
ありません。明確な意図を持って選びましょう。

というわけで今回は、練習機(練習器具)の選び方についてのお話です。

そもそも使った方がいい理由

結構やり勝ちなのですが、やみくもに練習してしまうこと。
(私も経験あります。なんかむきになってしまうというか・・・。)
でもこれは効率が大変悪いです。

目的を持った練習が大事。(ちなみにタイガーウッズも強調しているところです)
練習機のいいところは、ここがはっきりしていることです。
しかも頭であれこれ考えるのではなく、身体で覚えられるのがいいです。

じゃあ、どんなの選べばいいかな?

明らかに苦手なものがあれば、そこから始めていくのがいいですよ。

例えばどれが当てはまりますか?

  • パットが入らない
  • アプローチがあっちこっちに行ってスコアを崩す
  • ドライバーがOBばかり
  • アイアンの精度が低い

ん・・・・・
どれも当てはまっちゃうな。

そういう場合は、スコアの40%を占めるパターから練習するのが効果的でおすすめです。
家でも練習できますし、その気になれば一番上達しやすいので、やらない手はないですね。

【お約束】私がおすすめする際の基準となるもの

32年前の自分に、自信を持ってすすめる商品か?

というものです。

私は主にゴルフ販売員を32年経験し、勉強してきました。
もし「自分なら誰に教わりたいか?」と考えた時に、「自分に教わりたい」と本気で思えるのです。なのでここを基準にすれば、一番嘘がないかと。

実際おすすめとかあるのかな?

色々あります。
ただパッティングは距離感と方向性が大事です。
というか、それしかありません。
なのでここを意識して練習できるものがいいです。

そうなるとまずはパターマット、もうこれ一択でいいんじゃないでしょうか。

その中で、何を選んだらいいの?

3つのポイントを押さえればOKです。

①芝が本番に近いもの
②線が入っているもの
③傾斜がついていない(もしくは緩い)もの

最初はこれで始めるのがおすすめです。
理由をご説明します。

①当たり前ですが、その方が練習と本番のズレがなく、練習が即結果につながりやすいため。
「せっかく一生懸命練習したのに、本番と全然違う・・・」では悔しすぎます。

②目標(カップ)に対して真っすぐ正確にフェースを向ける感覚が身に付くため。

③経験の浅いうちはオーバーのミスも頻発します。
傾斜のあるタイプはどちらかというとショートしやすい人が強めに打つ練習ができるという意味あいと、ボールが戻ってくるという便利さを目的に作ってあります。そのため距離感をつかむということに対しては、少し不利な面を感じるためです。

ちなみに②についてですが、私は仕事で、あるメーカー基準のパターフィッティングをやっていましたが、フェースを正確に目標方向に構えられる人は、2から3割と大変少なかったです。

しかし最初にこの感覚を身に付けないと損です。
なぜならフェースが目標を向いていないのに、自分の工夫と努力で真っすぐ打つという複雑な技?を身に付けてしまうからです。
ここ、バカにならない大切なところです!

(ちなみに前提として、パターのライ角が合っているのが大事なところですが、これはまたの機会に。気になる方はこちらをご参考にしてください。考え方は同じです。)

外せないアドバイス

線を活用してくださいね。(パターマットに入っている直線のことです。)
線に対してフェース面をきっちり直角に合わせてください。
目の錯覚も考慮し慎重にお願いします。(ショートパット外しやすい人、特に注意です。)

更に精度を高めたい方はトレーニングプレートがシンプルでいいです。
2名で実施してください。

プレーヤーはフェースをカップに正確に向けて構えます。
その状態をキープしたまま誰かにトレーニングプレートをフェース面に合わせてもらいます。
後ろに回って正しい方向に構えられているか、チェックします。

オデッセイ ODYSSEYゴルフ 練習用 練習器具トレーニング プレート

要件を満たすパターマットはどれ?

以下の商品が(ほぼ)要件を満たします。(芝については一部不明なものがありますが、明記します。)

①イデア ロングパターマット ↓

②H&YO おすすめパター練習マット ↓

③ダイヤ オートパット TR532 ↓

【【最大2100円OFFクーポン】】ダイヤゴルフ日本正規品 電動オートリターン機能付きパターマット532「TR−532」「ゴルフ練習用品」【あす楽対応】

④ミスターゴルフ 高級パターマット ホールインワン ↓

【1/30(木)0時から24時間限定!最大2400円OFFクーポン実施♪】その他メーカー その他 ミスターゴルフ 高級パターマット ホールインワン

⑤ライト M157 フラットパターマット ↓

⑥スリクソン パッティングマット GGF-38112 ↓

比較してみましょう。

パターマット比較
  • 線は全部に入っています。
  • 傾斜は③に3㎝程入っていますが、大丈夫でしょう。
  • 芝は①が1番、②④もいいです。③⑤⑥は芝に対するこだわりはないようです。
  • 大きさは置くスペースで選べば問題ありません。最初は長さに対する不満は出ません。

<その他の特徴>

①4段階の芝目スピードで練習できる。
(ゴルフ場で使用する計測器で測っているので信頼度も高い。)
本番はグリーンの速さが様々で、それに対応できるよう普段から練習できるのは大きなメリット。)リターン機能付き電動ホールカップなので、ボールを取りに行く手間が省ける。芝にボールの跡が付く。

②なめらかな本芝を再現している。防音仕様。リターンカップ式ではない。

③自動オートリターン付き。ボール1個で練習可。マットにストロークガイドあり。

④高速ラインと低速ライン。ベル付きでゲーム感覚で楽しめる。

⑤特にないか・・・。

⑥パターカップ付。

という感じです。

私のおすすめ意図からすると
1番は①のイデア ロングパターマット(全ての要件を満たすため)
2番は④のミスターゴルフ 高級パターマット ホールインワン(芝の速さが2とおりあるため)
3番は②のH&YO おすすめパター練習マット(本芝を意識した作り。状況により、静かは魅力)
4番は③のダイヤ オートパット TR532(ボール1個でも練習できるため)
5番は⑥のスリクソン パッティングマットGGF-38112(パターカップは位置を変えれるため)
6番は⑤のライト M157 フラットパターマット(値段が魅力。基本要件は満たしているため)

ということで1番はイデアのロングパターマットという結果になりました。

まとめ

練習機を使うメリットは、
練習の目的が明確であること。
頭で正解をあれこれ考えず、身体で覚えられること。
ということです。

選ぶ時の注意点は、
明確な目的を持って選ぶこと。
です。

<補足>
正直に申しあげますと、今回パターマットを3つのポイントから選んだのですが、最初にこれを条件として意識し、合う商品はどんなものがあるかを調べました。
なので商品ありきで選んだわけではありません。あまりにも結果が1択みたいになってしまったので、ちょっと変な感じです・・・。
でも私的にはどれも自信をもっておすすめできるものです。

なお、正確な商品名や価格は、念の為お調べいただきご購入いただきますようお願いいたします。

今回は以上となります。
他の練習に有効な器具もまたご紹介させていただきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました