ゴルフ 左肘が引ける人必見!【曲げない方法あります】

スイングの悩み

ゴルフ 左肘が引ける人必見!【曲げない方法あります】

左肘が引けるからかな?
なんか弱弱しいスライス・・・

左肘は伸びてた方が
見た目カッコイイよね

私は左肘、多少曲げてもいいって
教わったけど

確かに左肘を曲げて使うプロ
いますよね

というわけで今回は、「左肘」についてのお話です。

最初にこれだけは確認してください!

それは、

素振りでも左肘が引け(曲がり)ますか?

引けるっていう方は・・・
・・・素振りから練習しましょう。

でも恐らくほとんどの方は「NO」でしょう。

当たり前?

そう思われるかもしれませんが、ちょっと考えてみましょう。

素振りどおりに打てないわけ

ボールを前にすると、何が変わってしまうのでしょうか?

それは、「打とうとする意識が出る」ということです。
そうなると軌道やフェイスの向きが、素振りと変わってしまいます。

素振りどおりに打つヒント

「ボールを打とうとするのではなく、クラブを振ってボールを飛ばす、云々・・・」と、私も言われましたし見聞きもしました。
その時は今一つその違いが理解できなかったです。

ただ、意識的に練習してみて分かったことがあります。

腕の筋力を使ってクラブを振る(上体を回さなくてもできる)のと、上体を回転した結果、腕が振られ、クラブが動かされるのは確かに違う。

ということです。

前者は遠心力を感じられず、後者は感じられます
前者は筋肉が縮み、腕は曲げられる方向に、後者はクラブに腕が引っ張られ、伸ばされる方向に力を感じます

やはり両者は違うのです。
スイングの質も考え方も・・・。

後者の方が、左肘は引けないし曲がらないように感じませんか?

スイングの質を変えるのですから、かなり違和感がでます。
でも違和感を超えるとそれが普通になり、素振りと本番が一致するようになってきます。

意識しないとマスターできない道ですが、取り組む価値は十分あると思います。

左肘が引ける(曲がる)原因

①アドレスで左肘が外(左)に向いている→この時点で左肘が曲がりやすい状態。
②バックスイングを手で上げてしまう→上体の回転が少なくなりアウトサイドイン軌道になりやすい。
③トップで右肘を曲げすぎてしまう→それに伴い左肘も曲がってしまう
④ダウンスイングでボールに近づきすぎてしまう→肘を曲げないと打てない状態。
⑤インパクトで上体の回転が止まる→手だけ外に振られる。
⑥インパクトからフォローにかけて左肘を曲げて打ってしまう→肘が引ける
手が高い位置にあるうちに、上体を回して打ってしまう→アウトサイドイン軌道になりやすい。
⑧真っすぐ打とうとしすぎて、フォローでもフェイス面を真っすぐ出してしまう→フェイスローテーションが不足する結果、左肘が曲がり引ける。ちなみにこれはスライスがでるパターンでもあります。気になる方は別記事の「スライスの原因は一つだけ!(これだけ覚えて完全解決)」も是非ご一読ください。

などがあります。
心当たりがあるものは何番でしょうか?

左肘を曲げない方法

上記の番号に対応しています。

①アドレスでは左腕を反時計回りに回して、左脇が軽く締まる感じにしましょう。
②バックスイングは手の動きだけではなく、上体を同調してしっかり回しましょう。
③トップでの右肘は90°以下にならないようにしましょう。左肘も曲がってしまいます。
④ダウンスイングに入る時、ボールと目の距離感があまり変わらないようにしましょう。
⑤インパクトで上体を止めないよう、スムーズに回転し続けましょう。多少肘が曲がっても、引けは軽減できます。
⑥インパクトからフォローにかけて、左肘を伸ばしたまま打ってみましょう。意識的に伸ばすことも時には有効です。
⑦トップでの右肩をその位置に保ったまま(のつもりで)、クラブを振ってみましょう。インサイドアウトの軌道になり、左肘の曲がりと引けを軽減します。
⑧フェイスローテーションを意識して打ってみましょう。左腕を反時計回りに回しながらフェイスローテーションをして、球を打っていく感じです。

そもそも左肘は曲げない方がいいの?

曲げても上手い人は確実にいるので、曲げてもいいというのが結論でしょう。

思うような球が打てれば、本来これは問題ではないはずです。

しかし私が数千件の試打を見てきた結果、ある傾向はあります。

アドレスで左肘を伸ばしている人はインパクトでも伸ばして打つ
アドレスで左肘を曲げている人はインパクトでも曲げて打つ

ということです。
100%ではなく、多いと捉えてください。

こうなる理由は、左腕はボールとの距離感を測る役割もあるからです。

スイング中にボールとの距離感が変わると、それを調整する動きが大きくなり、ミートさせる難易度が上がります。そういうわけで、伸ばしたら伸ばしたままで、曲げたら曲げたままで使う方が再現性を高めてくれます。

お客様で多かったパターン

上記と重複する部分が多いですが、参考までに。

・アドレスでは左肘を伸ばしています。
・バックスイングで身体の回りが少なく、それを補うように手を上げていきます。
・苦しい(もしくは楽をしたい)けど飛ばしたいので、左肘だけでなく右肘も大きく曲げてしまいます。
・ダウンスイングでは(下半身ではなく)上体が先に回り、クラブが高い位置からアウトサイドインに降りてきます。
・腕の力でひっぱたくため、筋肉は縮み左肘が曲がります。
・フォローにかけての上体の回りが少ない、もしくは遅いため、曲がった肘がさらに引けます。

こんな感じです。

結局、今までお話したことが全部つながって、左肘の曲がりと引けを発生させているということですね。

スイングというのはつながりを持っています
なので、左肘の問題はそこだけ見ても直らないのです。
グリップだって、アドレスだって、関わっているということです。

まとめ

・ボールを前にしても素振りどおりに振れれば、左肘の問題はなくなります。
・コツは腕力でボールをひっぱたくのではなく、自分のスイングの中にボールを置くという意識転換です。
・違和感を乗り越えた先に、いいスイングが待っています。
・練習器具は、頭であれこれ考えず身体で覚えられるので、目的に合ったものを使えば効果が高く、上達も早いです。

是非、納得のいくスイングを作ってゴルフを楽しんでくださいね。

今回は以上となります。

追伸:「本気で上達したい!」「満足できる結果を出したい!」という方は、ぜひこちらもご一読ください。
「現在の自分が過去の自分を上達させるとしたら」というコンセプトで書いた記事です。

結果を変えるには行動を変えるしかありません。
行動を変えるには環境の変化を利用します。
そして客観的視点を持つことで効率良く上達することができます。
https://golftk55.com/2020/06/20/golf-improvement/

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました