ビハインドザボールとは【ダフリ・ダウンブローとの関係は?】

スイングの悩み

ビハインドザボールとは【ダフリ・ダウンブローとの関係等々】

ビハインドザボール意識すると
ダフっちゃうだけど

それってアイアンの話?

え?
アイアンはやらないの?

たぶんそうじゃないかな・・・

というわけで今回は、「ビハインドザボール」のお話です。

ビハインドザボールとは

ヘッド ビハインド ザ ボールの略です。
直訳すると「頭をボールの後ろに」です。

右打ちの場合「インパクトまでは頭を左に動かすな、ボールを超えるな。」という意味です。
ゴルフスイング理論においては、昔から重要とされる教えです。

俗に言う「頭を残す」とほぼ同じ意味です。
主にインパクトまではその形を取り、インパクト後は頭は上がっていきます。

ドライバーのスイングで使われることが多い表現ですが、アイアン等でも使われます。

ビハインドザボールの前提

そもそもアドレスした時のボール位置が、頭より左にないと、ビハインドザボールという考えは成り立ちません

クラブ(番手)に関わらず左足かかと線上にボールを置けば、この理論とのつじつまが合ってきます。(ベンホーガンの球位置が参考になると思います。)

ベンホーガン ボール位置

ところがアイアンの球位置を、スタンスの真ん中に置く理論だと、この時点で「頭がボールの後ろ」ではありません。無理にビハインドザボールにしようとすると、構えた時より頭を右に移動して、そこから頭の位置を変えずスイングすることになります。
頭の真下は最下点になりやすく、この打ち方はダフル確率が高いです。

頭が移動すると最下点も移動する

「ビハインドザボールを意識するとダフっちゃう」というお悩みはこれが原因です。
この場合、ビハインドザボールという言葉にとらわれるのではなく、単に「頭を残す」方がいいです。

ダウンブローとの関係

ビハインドザボールを意識し、ダウンブローとの関係が気になるのはどういった場合でしょうか?
おそらくアイアンでダウンブローに打ちたいのに、ビハインドザボールを意識するとそれがやりにくいと、ということではないでしょうか。

しかしこれは当たり前のことでもあります。
最下点というのはスイングの支点(頸椎)の真ん前、ほぼ頭の真下になりやすいので、頭の左にボールがあると、普通に振ればダウンブローにはなりません。(出来ないわけでもありませんが。)

前記と重複しますが、アイアンショットの場合はビハインドザボールという言葉は不要です。
アドレスの時の頭の位置を、インパクトする時に超えないよう注意しましょう。

ビハインドザボールのメリット

・ヘッドスピードが出て飛距離が伸びます
・ヘッドがターンしやすくスライスが防げます
・軸ぶれがしにくく芯に当たりやすいです。
・入射角が適正になり、スピンがコントロールされます。
・ドライバーは上から打ち込むことがなくなりテンプラを防止します。
等々。

なんかいいことばかりですね。ゴルフの基本と言われる所以です。

ビハインドザボールで打つには

ボールを打ちにいかないことです。

打ちにいくとは頭がボール方向に動くことです。
頭は重いので、スイングの色々なところに影響を与えてしまいます。
軸がぶれてスイング軌道を乱します。ヘッドスピードも上がりません。

ボールを打ちにいかず、クラブを振りましょう
禅問答ではありませんよ。
この両者はスイングイメージが全く異なります。
なんとかイメージをつかんでいただきたいので例を出しますと、

球がなくてもスイングできる=クラブを振る。
球がないとスイングできない=打つ。

振ったところにボールがある=当たる
ボールを打とうとする=当てる

なんとなくでもニュアンス伝わったでしょうか。
結局これが、ビハインドザボールができない一番の理由です。

(もっとも素振りでも頭が動いちゃう場合は、スイングの仕方を覚える必要がありますが。)

まとめ

  • ビハインドザボールはボール位置が頭の左にないと、成り立たない概念です。
  • アイアンショットの場合は単に「頭を残す」方が勘違いがないです。
  • 打ちにいくと失敗しやすいので、正しく振ることを意識しましょう。
  • 正しく振った結果が「ビハインドザボール」になるとも言えます。
  • ゴルフにおいて、とても重要な教えですのでぜひマスターしましょう。

ゴルフで一個だけコツを教えるとしたら、これが上がるほど重要です。

その他「ゴルフボールの位置は・・・」「ゴルフスイングの基本・・・」もご覧いただくと参考になると思いますので是非!

本日は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました