ゴルフ ワッグルとは【知るだけで上手くなる!】

スイングの悩み

ゴルフでさぁ
構えたあとに
なんで体をもじもじさせるの?

もじもじって・・・
僕もやる前はそう思ったけど
実際にやり始めたら
そうなっちゃった

おもしろいね
なんかカッコつけてるのかと
思った

tike
tike

確かに自然にそうなっちゃう
のもありますが、技術として
利用することもあるんですよ

というわけで今回は、「ワッグル」についてのお話です。

スポンサーリンク

ワッグルとは

ワッグルとは、

主にクラブを上下、左右に動かす動作

のことを言います。

例えば、ゴルフショップなどでクラブを選ぶ時、店員から「ちょっとワッグルして、硬さの感じとか確かめてみてください」と言われることがあります。

その時はクラブを軽く左右に振って、「ん~、ちょっと軟らかすぎるかな」と答えたりします。

広義のワッグル

もうちょっと広い意味でのワッグルとして、プリショット ルーティン(打つ前にする、定型的な動作)の一部という捉え方があります。

手首を中心にクラブを動かすだけでなく、バックスイングを確認するように大きく上げたり、足踏みや体の動きもワッグルと捉えることがあります。

プロの動画など、そこに注意して見るのも面白いですよ。

ワッグルする意味

ゴルフをしない人から見ると、「なんで打つ前にもじもじしたり、お尻を動かすみたいな、変な動きをするの?さっさと打てばいいのに」と思うことでしょう。

ゴルフスイングではなぜか、「静」から「動」に移るのが難しいとされます。
それをやりやすくするためワッグルをする、というのがひとつ理由としてあります。
(これと非常に近いもので、フォワードプレスというのがありますが、これについてはまたの機会に。)

ただそれ以外にも、大きく二つのことを狙っています。

・緊張(心と体)を減らすため。
・イメージ(球筋と体の動き)を作るため。

これを短い時間に効率よく、(あまり皆に気づかれないように?自分だけの秘密で?)やっているのです。

皆さんもこれを知って、ただもじもじするのではなく、意味あるもじもじを取り入れてみてはどうでしょうか。

意味あるワッグル

正解というのはないのですが、1例として、

①打つべき弾道イメージを明確にする。
②それを実現する軌道とフェースの向きを決定する。
③スタンス、ボールの位置を決めながらアドレスをする。
④(自分なりの)ワッグルをして、心身の緊張を取る。
⑤ヘッドの重さ、重心を感じる。
⑥再度弾道イメージを確認する。
⑦最後にワッグルをして、バックスイングに入る。


ちょっと解説を加えます。
①まずはイメージありきです。
②弾道はクラブヘッドの軌道とフェースの向きで決まります。
③その軌道とフェースの向きを実現しやすいスタンス、ボールの位置が存在します。
④緊張はヘッドスピードにブレーキをかけます。特に上半身はリラックス
⑤ヘッドの重さを感じることでリラックスし、芯で当たりやすくなります。
⑥もう一度弾道イメージを確認します。
⑦最後のワッグルで動ける流れを作ります。

文章で表現すると長いですが、実際は短い時間です。
逆に時間をかけすぎないのがコツであり、マナーです。

プロや指導者により賛否はあるようですが、

自分なりにアレンジして、秘密のもじもじを作ってみても楽しいのではないでしょうか。

弾道を決める「軌道とフェースの向き」についてはこちらを↓

「ボールの位置」でお悩みの方はこちらを↓

ご参考になさってください。

今回は短めですが以上となります。

追伸:「本気で上達したい!」「満足できる結果を出したい!」という方は、ぜひこちらもご一読ください。
「現在の自分が過去の自分を上達させるとしたら」というコンセプトで書いた記事です。

結果を変えるには行動を変えるしかありません。
行動を変えるには環境の変化を利用します。
そして客観的視点を持つことで効率良く上達することができます。
https://golftk55.com/2020/06/20/golf-improvement/

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

心おきなくゴルフが楽しめる世の中でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました