ゴルフ 遠心力を感じて飛ばす【練習不要!1度だけ実験】

飛距離アップ
スポンサーリンク

遠心力を感じて(かけて)飛ばす【練習不要!1度だけ実験を】

○○君はよく飛ばすけど、
遠心力って感じてるの?

僕は運が良かったのかな
最初に教わりましたよ

女性はヘッドスピードが遅いから
感じないのかな?

女性でも感じられますよ
というか、一刻も早く感じましょう!

というわけで今回は、「遠心力」についてのお話です。

練習なしで遠心力を感じるために、「実験」と「イメージ」を利用します。

遠心力を感じてみる(実験)

ちょっと手順どおり、実験してみてください。

①クラブを持たずにアドレスをして、両手をぶらーんとたらします。
②体を少し左右にゆすりましょう。
その動きにつられ、腕が左右に振られるのを確認できますか?
④さらに上体の回転を加えていくと、大きく腕が振られるようになります。

このように、腕力で腕を動かすのではなく身体の動き(回転)によって腕が振られる、腕に遠心力がかかった感じを体感できます

この感覚のままクラブを持ち同じことをすれば、遠心力を感じながらスイングすることができます
最初にここを押さえておかないと、遠心力はなかなか感じることができません。
つまりこれは、遠心力を感じる前提ということです。

そして、腕力でクラブを振ることでゴルフをしてきた人は、できてもすぐに戻ってしまいます。
なので、なるべく早い段階でこの感覚を知って、こちらを当たり前にしておくことが必要です。

これでも今一つ感じにくい場合、

遠心力を感じにくい時には

・アイアンを2~3本一緒に持って振ってみましょう。(重いものを振るということです。)
クラブを振るというより、クラブに振られる感覚がつかめたら成功です。

グリッププレッシャーが強すぎないか、チェックしましょう。
左手の小指、薬指、中指の3本はある程度しっかり握ってOKです。

こうすることで、さらに遠心力を感じやすくなります。

イメージを利用する

よく言われるのは「でんでん太鼓」です。

ひもの部分には動力がない(ひもは自分で動けない)ので、中心をまわすことでひもを動かします。→太鼓が鳴る。
この時、ひもには遠心力がかかっています。

一応、若い方は知らないといけないので、でんでん太鼓の動画貼っておきます。

でんでん太鼓 OP-DNDN01
でんでん太鼓で遠心力のイメージを


これで遠心力を練習なしで体感し、イメージもできたと思います。

ここからはそれを活かして飛ばす方法になり、多少の練習は必要です。

遠心力を活かしたスイング

感覚をつかめたところで、これをスイングに活かし飛ばしましょう!

遠心力をスイングのどの位置で最大にするかがポイントです。

そりゃもちろん、インパクトで
最大にするんでしょ?

実はそれがですね・・・

一番多い理論は「インパクト後」「フォロー側」「左側(右打ちの場合)」となっています。

でも、「当たった後にいくらスピードが出ても関係ない」と思いませんか?
科学的ではないと。

ではなぜそんな指導をするのでしょうか?

それは、「加速状態で球を打ちたい」からです。
ここでまた疑問が生じます。

例えばヘッドスピードが40として、
加速状態の40であろうと、
減速状態の40であろうと、
40は40で一緒でしょ?

確かにそれについて言及
しているのは、あまり
見かけませんね

それは、こう考えたらどうでしょう。

インパクトは、
ヘッドとボールがくっついた状態で移動する時間がある」ということです。
「時間がある」というのがポイントです。

加速していれば、ボールに当たった衝撃に負けず、球を押す時間が長く取れ、ヘッドスピードが効率良くボールに伝わり飛距離が出ます

しかし、減速していると、ボールに当たった衝撃でヘッドスピードがさらに落ちる方向に働き、球を押せる時間は短くなり、飛距離が出なくなります。

ということで、やはり「インパクト後に一番速くなる」のが正解と言えます。

ただ、「インパクト直後が一番速くなるスイング」は目指すべきですが、「インパクトのかなり後」で最速にする必要はないわけです。

こうなると、ちょっと曖昧で分かりにくい部分もあります。
あまり頭であれこれ考えず、この感覚をつかむには、練習器具もおすすめです。
いわゆる身体で覚えれます。

イメージで飛ばす

遠心力が気になるというのは、結局「飛ばしたい」が理由の大半です。

ここでもイメージをご紹介します。

・ブランコ
ブランコに乗った子供の背中を押してあげましょう。
大きくこいであげるには、何に注意しますか?

これしかないでしょう。
タイミング

これがずれると大きくはこげませんし、効率も悪いです。
戻ってくるブランコの重さを手で受け止め、そのパワーを腕にため、ブランコが下りるタイミングを上手にとらえて押す。

スイングもこれに近いものがあります。
外力を活かして自分のパワーをいいタイミングで使っていく

タイミングは飛ばすためにも重要な要素です。

・走り幅跳び
走り始めのスピードは、そんなに速くありません。
徐々に上げていき、MAXになったら踏み込んでジャンプ。

スイングもあせることはありません。
切り返しでは落ち着いて、インパクト直後にスピードMAXです。
ここでもやはりタイミングが大切です。

遠心力のその他の効用

遠心力を感じると、他にもいいことがあります。

・ヘッドを感じやすくなる結果、芯に当てやすくなる。
・加速するスイングにより軌道が安定する。
・減速しないスイングでアプローチのミスが減る

などです。

減速するスイングにメリットはない」と覚えておきましょう。

まとめ

  • 遠心力を感じるのは練習不要。実験すればすぐ分かります。
  • クラブに振られる感覚が分かれば、遠心力を感じている証拠です。
  • イメージでスイングは変わります。自分に合ったイメージをつかみましょう。
  • 飛距離におけるタイミングの重要性を認識しましょう。

今回は以上となります。

遠心力を感じて、減速しないスイングは、ミスを減らします
ぜひ、体感してみてください。

追伸:「本気で上達したい!」「満足できる結果を出したい!」という方は、ぜひこちらもご一読ください。
「現在の自分が過去の自分を上達させるとしたら」というコンセプトで書いた記事です。

結果を変えるには行動を変えるしかありません。
行動を変えるには環境の変化を利用します。
そして客観的視点を持つことで効率良く上達することができます。
https://golftk55.com/2020/06/20/golf-improvement/

 



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました