ゴルフ 腰の使い方【回してますか?切ってますか?】

身体の使い方
スポンサーリンク

腰の使い方は?【回すの?切るの?動きの違いとか・・・】

腰の使い方って
どうすればいいのかな?

やっぱり素早く回した方が
飛ぶんじゃないかな

腰、痛めないと
いいんだけど

確かに腰痛になる方多いです
無理のない使い方を覚えましょう

というわけで今回は、「腰の使い方」についてのお話です。

あまり難しく考えなくてもゴルフはできます。
リラックスして、お読みくださいね。

腰の使い方の基本

まずは基本の動きを理解しましょう。

①バックスイングでは約45°回しましょう。こうすると上体が回しやすくなります。
②トップから頭の位置を動かさないようにして、重心を数センチ左に移動します。
直後に腰をフィニッシュに向けて回していきましょう。

基本的にはこれだけです。
わずかな重心移動と回転、ということです。

(飛距離を腰の回転だけに頼ると、腰痛になりかねませんので注意してください。)

回すのか、切るのか

回すと切るの定義は明確ではありません。

ただ、股関節からきちんと前傾していると、「切る」という表現が近いです。
「回す」だと、股関節からの前傾ができておらず、回そうとするとどこまででも(ストッパーが効かず)回ってしまう感じになります。
いわゆる腰と肩の捻転差が小さくなり、飛ばすためのバックスイングとは、なり難いです。

トップでは、右股関節に乗って、パワーがたまっている感じが欲しいので、そういう意味では「切る」の方が適切な表現かと思います。

このようなことから、重要なのは「回す、切る」ではなく、アドレスできちんと股関節からの前傾ができているかどうかです。

股関節からの前傾が、いい腰使いの前提


これができていれば、背骨の軸を中心に上体を回すと腰も回り、見た目、あるいは体感上は腰が切れている感じになります。

見落とさないで!ここの腰使い

トップからダウンに移る時の腰使いに注意です。
私、結構な間、これに気づけませんでした。

重心を左に移す時に左腰が上がってしまう動きです。
結構なりやすい動きです。
こうなると右肩が下がります。
それと連動してフェイスが開きスライスになります。(下図参照)

そうではなく切り返しの直後は右腰を高く保ちます。
そうすると左足をしっかり踏み込め、右肩は下がらず、フェイスの開きも抑えられます。
力のベクトルも下に向かい、ダウンブローも容易になります。
(もちろん球位置によりアッパーブローでドライバーは打てます。)

腰の間違った使い方
腰の間違った使い方

図では見やすくするため身体が正面を向いていますが、実際はひねられた形です。

一つ動画をご紹介します。
トップからダウンに移る時の右腰の高さにご注目ください。

石川遼 ドライバースイング スローモーション
切り返しの直後は右腰は高い

表現を変えると、ベルトの傾きを崩さずに回る感じです。

もう一つ分かりやすい動画がありました。
0:30くらいの、白いベルトにご注目ください。

タイガーウッズのドライバースイング スロー動画分析
切り返し後ベルトの傾きが変わらない

見事な腰使いです。

色々なやり方

ゴルフに長くたずさわると、色々なやり方に出合います。
例えば、

  • 腰を極力回さず、上体をひねってパワーを出す。
  • 足を踏み込むことで、結果腰を回転させる。
  • 切り返しで左腰を後ろに引くように回す。
  • 切り返しで右腰をボールにぶつける感じで回す。
  • 瓦割のように腰を切り上げるように使う。
  • バックスイングでは、腰を回すことで上体も回す。
  • 切り返しでは左腰を上げるように使う。(私の意見とは逆です。)
  • 腰は素早く回すことで、ヘッドスピードが上がる。(私は賛成しかねます。)

思いつくだけでも、こんな感じです。

ちなみに「切り返しで左腰を上げるように使う」のは、ドライバーなどティーアップする場合は打てます。というか、打ててしまうから厄介です。この動きを覚えてしまうと、フェアウェイウッドなどが極端に苦手になる傾向があるのでご注意ください。

腰の回転速度と飛距離の関係

私も以前は腰の回転が速い方が飛ぶのではと考えていました。
(日本では、伊澤利光さんが活躍したころによくそういう理論を聞きました。)
しかし、そうとも限らないというのが結論です。

理由は、
・腰を速く回しても、腕を遅く振れる。(こうすれば必ずこうなるという理論に当てはまらない)
・膝立ちスイングは腰をあまり速く回せないが、それでもかなりの飛距離が出せる。
・腰と上体の回転が、ほぼ同調するスイングで飛ばすプロも実際にいる。
などです。

腰の回転の「速さ」で飛ばすというより、ニュアンス的には腰を入れてクラブをしっかり振ることで飛ばす、という感じです。

「腰が引けてる」「腰が入っていない」など、ほかのスポーツや武道などでも言われますが、ゴルフスイングも「腰をしっかり入れてクラブを振る」ことが飛距離を出すコツです。
(但し腕力で飛ばしているというのも違います。)

まとめ

  • 股関節から前傾したアドレスで、「切る」腰使いができます。
  • わずかな重心移動と回転が、基本の動きです。
  • 「速く」というより「入れる」感じでクラブを振りましょう。

最も正確性を求められるパッティングでは、腰は動かしません。
飛距離を求めた時に腰を使います。

でも腰だけではなく、全体の調和、タイミングも重要です。
無理な動きは腰痛の原因となります。
十分ご注意ください。

本日は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました