ゴルフ オーバースイング(したくても出来なくなる方法!数秒でできる実験)

スイングの悩み

お前、オーバースイングだから
球筋が安定しないんだよって
言われちゃった。

僕はトップにきた時、
視界にクラブヘッドが見えて
なんか気になる。
カッコ悪い感じがするし。

でも、プロゴルファーでも
オーバースイングの人いるよね。
そもそも、直さないといけないの?

tike
tike

気にしだすと
気になっちゃいますよね。
スッキリできるよう
ご説明しますね。

というわけで今回は、オーバースイングについてのお話です。

スポンサーリンク

オーバースイングはそもそも、直さないといけないの?

ゴルフをやっていると、しばしば目的を忘れてしまうことがあります。
つまり思うように打てていれば直さなくていい(むしろ直さない方がいい)というのが結論です。

オーバースイングは、インパクトまでの距離と時間を稼げますので、上手く使えばヘッドスピードを上げることができたり、フェイスの向きをスクエアに戻しやすくなる(時間稼ぎができる)といったメリットがあります。
また、この方がタイミングがとりやすい方もみえるでしょう。

しかし、逆にそれが理由で再現性や安定感を欠き、ミート率が下がってしまうならデメリットとなり、改善が必要でしょう。

オーバースイングになる原因

オーバースイングになる原因は結構たくさんあります。
主なものを上げてみます。

①左肘が曲がる。
②左手首が甲側に折れる。
③トップでグリップが緩む。
④バックスイングのスピードが速すぎる。
⑤トップで左足体重になる。
⑥トップでシャフトクロスになる。
*シャフトクロスとは、トップでシャフトのポジションが飛球線と平行ではなく、目標側を向いていること。↓

トップでのクラブポジション
トップでのクラブポジション

オーバースイングの原因となる根っこ

上記のように、オーバースイングになる原因は色々ありますが、なぜそういったことが起こるのでしょうか?

①飛ばそうとする欲。
②意識と実際のズレ。

<解説>
おおよそこの2つがオーバースイングになる原因を作っています。

①飛ばそうとすること自体は当たり前ですし、悪いことではありません。
ただ、オーバースイングになりやすいことは確かです。

例えば、飛ばす必要のないパッティングやアプローチショットを考えてみてください
これだとオーバースイングになる方はいないでしょう。

飛ばしたい欲が段々バックスイングの大きさに表れてくるわけです。

でもこれは、ゴルフスイングにおける飛ばすための身体の使い方が理解できていないためです。
本能的に腕の力で飛ばそうとしてしまうわけです。
それが腕を振り上げ過ぎにしたり、左肘を曲げさせたりしているわけです。
本来は腕ではなく、身体のひねり、足、腰、などの大きな筋肉をパワーとして使い腕はむしろリラックスした状態で(正しく)動かされるべきです。

ただこれは本能に反するので最初は違和感があります。
でも強く意識してこれに取り組まないと、ゴルフスイング自体を勘違いしたまま覚えてしまいます。

②スイング弧が大きくなるほど、意識と実際のズレは大きくなる傾向があります。

これもパッティングやアプローチならそれほどずれないでしょう。
しかし、バックスイングでシャフトを地面と平行にするように言われたらどうでしょう。
正確に止められますか?何度か練習すればできるようになりますが、それ以上になってくるとあやしくなってきます。
つまりクラブヘッドが視界から消えると急に難易度が上がるのです。
強く上達を望むのであれば、意識と実際のズレをなくすべく、アプローチから練習を始め、徐々にスイング弧を大きくしていき、フルショットまでもっていくのがいいでしょう。
これでこそ、自分のスイングを意識でコントロールできている状態と言えます。
(これはビデオを撮って練習することで効果が出ます。そうじゃないと、意識と実際のズレが客観的に確認できません。)

オーバースイングしたくても出来ない方法!

これは是非、実際にやってみてください。

①左手のみでグリップする。
②左肘を伸ばす。
③そのままバックスイングをする。
④左手首を甲側に折らないようにコックする。
⑤トップまでもっていく。

いかがですか?
手はあまり上がらず、オーバースイングできなくなりませんか?
私などは上げようとすると手がプルプルしてくるレベルです。
でも両手でグリップするともっと上げることができます。
ということは・・・

オーバースイングの真犯人

実験をしてご理解いただけたと思います。

真犯人は右手です。

右手が左手を持ち上げてしまうのです。
試しに普段通りのトップを作った時、右手を離してみてください。
とてもオーバースイングの位置でキープすることはできません。

グリップの基本は強く握りすぎないことです。
特に右手は、形は整えるべきですが、グリッププレッシャーは極ゆるく
そうすると右手が効きにくくなり、左手を持ち上げづらくなるのでオーバースイングを軽減します。

もう一つ右手で注意していただきたいことがあります。
右肘を90°以上曲げないということです。
これをしてしまうと、身体の正面から手のポジションが離れ、クラブコントロールの難易度が上がるうえ、左肘の曲がりを誘発してしまうからです。

あとはバックスイングで勢いをつけすぎると、クラブの慣性が大きくなりすぎ、思いのほかクラブヘッドがいってしまいます。
プロゴルファーのリズム・テンポが参考になると思います。
これについては、
ゴルフスイングはリズム・テンポがベース【メトロノームでの練習でミス激減】」をぜひご参考にしてください。

まとめ

左手1本のスイングでは(ほぼ)オーバースイングにならないことを実験してみましょう。
右手の正しい使い方を覚えましょう。
手打ちで飛ばそうとする欲が、バックスイングを大きくする要因であることを理解しましょう。
前傾した背骨を軸に身体をひねり、手に頼り過ぎないスイングを身に付けましょう。
・速すぎるバックスイングにならないよう、リズム・テンポに注意しましょう。

今回は、以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追伸:「上達する人」「結果を出す人」とそうでない人の違いは?
32年間、1万人以上のお客様を見てきてたどり着いた結論をお伝えします。

https://golftk55.com/2020/06/20/golf-improvement/

コメント

タイトルとURLをコピーしました